【國際交流News】《New Generation Film Festival》 台日友好、台灣新銳導演於日本發光發熱! 短片電影發表會與導演面對面交流!

來自人氣票房電影「KANO」的故鄉-台灣、新進優秀電影導演們。伴隨著短片電影發表會的過程中,也談到對於台灣電影界未來的憧憬!

大ヒット映画『KANO』を生んだ台湾から、新進気鋭の若手監督が来日。ショートムービー映画祭が開催され「台湾映画の未来」を語りました!
8月20日(日)位於日本東京C-Lounge、約有一百多名來自日本及台灣的年輕朋友們參加台灣新進導演的短片電影發表會、來自台灣的友作品『ヴィーナスの逆襲』的顧明祥(Sean Ku)導演、『在場的質量』的陳詩涵(Chen Shihhan)導演、『東京コロコロ』的宋叡(Dean Sung)導演三人參加、並且在各作品上映完成以後跟到場觀眾進行交流。策畫這場活動的主辦人吳廷中(David Wu)表示「近年來許多影片製作者致力於在日本推廣台灣的短片,而就這個契機,TJL(台日友好聯盟)希望可以幫助到這些新進導演們,並且在之後定期舉辦台灣導演在日本的電影發表會,讓台灣電影的種子能夠給在日本的無論是台灣朋友或者日本朋友們,透過電影了解導演的想法、台灣的文化跟語言促進雙邊交流。」

8月20日(日)東京C-Lounge、日本と台湾の若者100名が集まるなか、台湾から、『ヴィーナスの逆襲』の顧明祥(Sean Ku)監督、『在場的質量』の陳詩涵(Chen Shihhan)監督、『東京コロコロ』の宋叡(Dean Sung)監督が参加し、各作品の上映とトークイベントを行った。イベント主催者の吳廷中(David Wu)はイベント開催にあたって「ここ数年多くの映像制作者が日本で台湾のショートムービーが広まっています、そこで、TJL(台日友好連盟)も力になりたいと思い、これから定期的に『新鋭電影展-New Generation Film Festival』を開くことにしました。台湾オリジナルのショートムービーを流し、日本に住んでいる台湾人や日本人のみなさんに映画を通して台湾の文化や言語、映画製作者の考え方を知っていただけたらと思います。」と主旨を語る。

活動當日,在開場結束後隨即由顧明祥(Sean Ku)導演開場問候的說「真的很感謝有這麼一次機會讓自己的作品可以在這麼多人面前展示」。接著關於台灣電影的未來則表示「希望之後還能有像這樣的活動,十分良性的促進台灣與日本兩國之間的交流。」。在那之後開始放映顧明祥(Sean Ku)導演執導的『ヴィーナスの逆襲』。
緊接著是陳詩涵(CHEN Shihhan)導演的登場。「這部作品對我來說是觸及到許多自己的情緒進而製作出來的作品…」也提到了關於自己作品的介紹跟台灣電影整體的未來、接著就是放映執導的『在場的質量』。
最後則是宋叡(Dean Sung)導演的登場、「這一次能夠參加發表會真的是十分開心,希望之後還能有更多的作品能夠呈現給大家看」並且給在場的台灣及日本年輕人許多話語。宋叡(Dean Sung)導演執導的『東京コロコロ』結束以後、觀影的觀眾們表示、「真真實實的感受到台灣人在日本這個異鄉奮鬥的感覺了(日本人男性)」而關於此次的活動感想也十分的多並且為下一次電影發表會的未來提供了許多不一樣的想法及意見。

イベント当日は、オープニングのあと、顧明祥(Sean Ku)監督が登壇し、「たくさんの人たちに今回作品を見ていただく機会をいただいてありがとうございます」と挨拶。また台湾映画の未来について「今後もこのようなイベントを通して両国間の架け橋となれればいいと思う」とコメント。その後、顧明祥(Sean Ku)が監督した『ヴィーナスの逆襲』が上映された。
続いて陳詩涵(CHEN Shihhan)監督が登壇。「この作品は私にとって一種のヒーリングとして作りました」と自分の作品や台湾映画についての語り、自身が監督した『在場的質量』が上映。
最後に宋叡(Dean Sung)監督が登壇し、「今回参加できてとても楽しかった。今後もさらに多くの作品を出していきたい」と語り、集まった日本と台湾の若者達へのメッセージを贈った。宋叡(Dean Sung)監督の『東京コロコロ』の上映が終わり、集まった若者達からは、「台湾人が実際に日本で苦闘している姿をリアルサイズで体感できた(日本人男性たかのりより)」といったイベントへの感想が多く、次回開催と台湾映画の未来を考える思考が強く伺えイベントは終始盛り上がった。

<電影短片發表會作品概要>
『ヴィーナスの逆襲』 32分25秒 =導演-顧明祥 Sean Ku=
西元2105年世界人口過多而導致地球資源不足,世界政府為此開始限制人們結婚與生育,進而開發使人對「愛情」無感的藥物,強制世界民眾服用,於是「戀愛犯」們所組成的反抗軍「VENUS」與政府的警備隊開始了對抗…。

「在場的質量」 29分32秒 =導演-陳詩涵 Chen Shihhan=
從過世祖父那繼承了照相館的前籃球選手哲郎,從一片灰色的海的夢境中醒來,開始了他一天的生活和工作。另一方面,一名沉默的黑衣男子和另一名看似開朗的白衣男子帶著皮箱向海邊前進。看似毫無關係的兩條平行線,在時空間中交疊互相影響,顯像記憶。

「東京コロコロ」 39分51秒 =監督-宋叡 Dean Sung=
三名分別來自北京的黃、香港的鄭以及台灣人的家豪因為室友的關係而聚集在東京,而他們三個人為了賣掉這間房子剩下的沙發,而拖著沙發在東京街頭上走著的街頭小品。

<上映作品概要>
『ヴィーナスの逆襲』 32分25秒 =監督-顧明祥 Sean Ku=
2095年、世界の人口が100億人いた。しかし、地球の資源が足りず戦争が始まった。中国とアメリカ、ドイツを中心とする戦争が10年続いた。2105年に終戦し、新しく世界政府が誕生した。しかし、戦争で人口が95億人に減少したが、それでもまだ資源は足りない。政府はその問題を解決するべく1年後に新しく特別律令を作った。それはすべての人がこれ以上人口を増加させないため、結婚と妊娠を禁止した。

「在場的質量」 29分32秒 =監督-陳詩涵 Chen Shihhan=
祖父から継承した写真館を経営している元バスケットボール選手の哲郎は、グレーな海の夢から目が覚めて、一日の生活と仕事が始まる。一方、寡黙な男ともう一人の明るい男は革カバンを持って海辺へ向かっていく。一見、まったく関係なさそうな二本の平行線は、時空間を重ねて、影響し合い、記憶を現像する。

「東京コロコロ」 39分51秒 =監督-宋叡 Dean Sung=
ルームシェアをしている、北京からの黄、香港の鄭と台湾人の家豪が共有のソファーを売るため,ソファーを運びながら東京の街を歩き始める。

■活動主辦單位
TJL(台日友好聯盟)促進台灣與日本雙邊關係友好的團體。

■イベント主催
TJL(台日友好連盟)とは、台湾と日本の交流及び友好関係の促進を目的とした団体です。

<新鋭電影展-New Generation Film Festival>
■展出日期:2017年8月20日(日)
■地點:東京C-Lounge
■主辦方:TJL(台日友好連盟)
■合作方:株式会社TOMOTOMO、株式会社ボン・ジュルネ
■参加導演:顧明祥Sean Ku、陳詩涵Chen Shihhan、宋叡Dean Sung

<新鋭電影展-New Generation Film Festival>
■開催日時:2017年8月20日(日)
■場所:東京C-Lounge
■主催:TJL(台日友好連盟)
■協力:株式会社TOMOTOMO、株式会社ボン・ジュルネ
■参加監督:顧明祥Sean Ku、陳詩涵Chen Shihhan、宋叡Dean Sung

<相關活動疑問諮詢請洽>
TOMOTOMO股份有限公司
負責人 David(ゴ テイ チュウ)
東京都千代田区三番町7−1 朝日三番町プラザ106号室
david@tjtomotomo.com

<問い合わせ先>
株式会社TOMOTOMO
代表取締役 David(ゴ テイ チュウ)
東京都千代田区三番町7−1 朝日三番町プラザ106号室
david@tjtomotomo.com

 

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *