台湾アニカップ2015

台湾アニカップ2015。いよいよ11月23日、アニメキャラクター・バークレーキャットのパフォーマンスを皮切りに台南新営文化センターで幕を開きます。アニカップは日本最大級のCGアニメコンテストで、インディペンデントのオリジナルアニメを対象とした伝統あるイベントです。現在はアニメを通じた国際交流の大切なプラットフォームへと成長しています。

2012年、映画祭運営チーム「未来電影日」企画人であり、台湾未来映像発展協会会長林瑋倫氏と王政揚によって提携が結ばれ、台湾アニカップが誕生しました。今年は台南市政府文化局および葉澤山局長の支持を得て京都市観光局とのコラボレーションを実現させました。9月に開催された京都マンガ・アニメフェアでは台湾アニメを大々的に取り上げてもらいました。

アニメ上映以外に、今年は新営アート・シーズンとの共同による子供アニメ工房「CGアニメ体験コーナー」が二日間にわたって開催されます。イベントが告知されると申し込みが殺到し、当日の午後には満席となりました。台南新営のアニメ業界も盛り上がっています。

11月には新千歳空港国際アニメーション映画祭に招かれ、アニメ分野では台湾初となる日本との共同上映を果たしました。金鐘賞最優秀賞に輝いた「ウェザーボーイ(觀測站少年)」も同時上映され、日本の映画館で上映された初の長編台湾アニメ作品となりました。

今回の台湾アニカップでは日本からも多くのお客さまにお越しいただいています。京都市産業観光局新産業振興室の北村康二室長、DoGA株式会社の鎌田優社長、新千歳空港国際アニメーション映画祭の池田尚優事務局長、京都マンガ・アニメフェアの天野裕之氏などなど、多くの方がいらっしゃいます。台南の街と京都、日本のつながりをより深めるよい機会となるでしょう。

その他各界からも多大な支援をいただいています。共同の企画者である台南芸術大学動画芸術と影像美学研究所、台南応用科技大学マルチメディア動画学部、遠東科技大学デジタルメディアデザインおよび管理学部、正修科技大学デジタルマルチメディアデザイン学部のみなさん。さらにWacom Taiwan、証声音楽、斜角巷、龍宏印刷など企業のサポートもいただきました。アニメ事業は台湾で徐々にその地位を築きつつあります。

今年のアニカップは台湾対日本で競い合います。両国ともに今年度の作品を5部ずつ上映し、5対5のアニメ版PK戦を繰り広げます。会場の「拍手」の大きさを得点に加算し、代表審査員の投票によって勝負を決めます。今年は光栄にも“日本アニメ界の泰斗”MADHOUSE前社長の増田弘道氏、さらに「進撃の巨人」プロデューサー中武哲也氏、マカオ・アニメ漫画作家協会の黄奕輝氏、金馬賞最優秀ビジュアルエフェクト監督およびStudio2創始者の邱立偉氏、動画共有アプリAnimApp開発者の張師堯氏の国際舞台で活躍する五名を審査員に招くことができました。

今回は10月に日本で公開されたばかりの中武哲也プロデュースによる「屍者の帝国」も特別に上映されます。上映会にはプロデューサーの岡田麻衣子女史にもご出席いただきます。

もちろん大切なのは勝ち負けではありません。両国の交流を通じてより友好を深め、世界のアニメ産業に新たな活力を注ぐことこそ、アニカップの目的です。各代表チームも互いの切磋琢磨を通じて文化交流を促進します。

台湾アニカップは台湾のアニメ事業の発展とアニメ教育の普及を目標に、次世代の育成に力をいれていきます。そして、台湾独自のアニメイベント創設をめざし、将来台湾アニメのプラットフォームが作れるよう努力を続けます。このようなプラットフォームを通じて国際交流の機会を増やし、優秀な人材を発掘して世界に進出させて新たな可能性を切り拓きます。アニメスピリットを若い世代に伝えるために今年も「拍手」の音を鳴らし続けましょう。

01團體合照2

台湾アニメカップ・オープニングセレモニー

03葉澤山

台南文化局局長 葉澤山

04北村康二

京都市観光局室長 北村康二

12281789_1068803979805824_918159726_o (1)

台湾未来映像発展協会会長 林イ倫

IMG_3033

アニメフォーラム、左から邱立偉監督、中武哲也プロデューサー、增田弘道先生

12291258_532758443559405_1404325958900502919_o

フォーラム写真

IMG_3010

フォーラム写真

09日本隊2

日本チーム

屍者的帝國

死者の帝国、台湾初上映

Z62C9779

增田弘道先生

Z62C9886

Wit Studio 中武哲也 プロデューサー

IMG_2898

レセプション交流会、台南文化局局長が挨拶

 

 

 

 

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *